49日について

49日について

49日までに何をしなくてはならないのか、不安に思われる方も多いでしょう。 まず、本位牌を作ります。
なぜなら、白木のお位牌は49日までの仮の位牌だからです。
49日の法要の際に住職から本位牌に魂入れをしていただきます。
それにより、ただの商品であった本位牌が魂の入った真の位牌へと生まれ変わります。
49日の法要を終えた後、本位牌は仏壇の中へご安置します。
そのため、仏壇のないご家庭は49日までに仏壇の用意も必要となります。
また、墓石に名前を彫らなくてはなりません。
墓石に名前を彫るのは、49日までというわけではなく、納骨式までに彫ってもらえば 良いと思います。
ただ、この辺では49日の法要の後に納骨式を行う場合が多いので、本位牌を作る タイミングで墓石も依頼するとよいでしょう。

さて、49日の法要とはいったいどのようなものでしょう。
仏教では、亡くなられてから49日間を「中陰」(ちゅういん)とよびます。
葬儀の式の中で、初七日のことを「中陰繰上げの法要」と言われていたのを思い出して下さい。
故人様は閻魔大王のもとで七日ごとに裁きが行われ、49日目に極楽浄土にいけるかどうかの 判定が下されます。
それまでの間、遺族は故人様が成仏できるように祈ることで後押しすることになります。
故人様の善行をご遺族様が後押しすることを「追善供養」(ついぜんくよう)といいます。
判定が下される日、49日を喪明けとし49日の法要が営まれます。
49日は亡くなられた日を1と数え翌日を2として数えた49日目を指しますので間違えないように しましょう。