今から知っておきたい葬儀の流れ

今から知っておきたい葬儀の流れ

大切な方を失った時、深い悲しみの中で悔いなく故人様をお送りする為には
どうしたら良いのでしょうか。その時慌てない為に、あらかじめどの様なことを皆様で
決めておけば良いのか、いざという時に安心して葬儀を迎えられる様、
参考にしてみてください。

・危篤の連絡が入ったら

病院から危篤を知らせる連絡が入ったら最期を看取って欲しい人に連絡をしましょう。
一通り連絡が済んだら病院へ向かいます。息を引き取る瞬間はそっと寄り添い、
残された時間を大切にして頂ければと思います。
その際、危篤を知らせるのはごく身近なご家族だけとお考え下さい。

・ご遺体の搬送

息を引き取ると病院ではご遺体の処置が行われ死亡診断書が作成されます。
その間にご遺体の搬送を葬儀社に依頼します。その際にお帰り先、ご安置をする場所を
決める必要があります。ご自宅にご安置をすることが出来ない場合は葬儀場の通夜室へ
ご安置をすることも可能です。

・宗教者への連絡

ご安置が整いましたら菩提寺(ぼだいじ)のご住職等宗教者へ連絡をします。
ご家族様、宗教者、葬儀社の担当者と今後の日程を決めていきます。
葬儀の日程はご家族の方のご都合が第一と思う方もいらっしゃるかと思いますが
宗教者、火葬場、葬儀場のスケジュールが重要になります。
「せっかく日程を決めたのに火葬場が空いてなかった・・・」
などということにならない為にも三者が揃ってから打ち合わせをすることが大切です。

・日程が決まったら

通夜、出棺、火葬から葬儀までの日程が決まったらご親族の方への連絡、
参列人数の確認・遺影写真の準備・返礼品やお料理の決定・親族でお供えする
供花や供物の数の取りまとめ等様々な準備が必要となります。
その他にも細かい準備等がありますので心配ことなどは担当者へ
相談するといいでしょう。

・通夜

通夜が始まると宗教者の方が主となって式が進んでいきます。
皆様は故人様をお棺にご納棺いただき、故人様のそばを囲み思い出を
語りあっていただければと思います。

・出棺、火葬

松本地方では火葬を行った後にご葬儀をすることが一般的です。
故人様の姿をご覧いただける最期のひとときとなります。
炉前でお別れいただき火葬を待ちます。
およそ1時間半ほどで火葬が終わりますので皆さまの手で
収骨後、葬儀場へと向かいます。

・葬儀

葬儀場に着きましたら開式までに式場等の最終チェック、参列者の方へのご挨拶、
宗教者の方へのご挨拶を行います。
葬儀中は係りの者が誘導、案内をいたしますので心配はいりません。
在りし日のお姿を偲びつつ故人様をお送り下さい。

・最後に

大切なご家族と過ごす最後のひとときを準備などに追われ、気付いたら葬儀が終わっていた・・・
穏やかな気持ちで故人様に寄り添いお送りする為に、
遺影写真の候補を見付けておいたり、心配なことは事前に
葬儀社や葬儀経験者に相談をしておくと安心です。