喪中はがき(年賀欠礼状)について

喪中はがき(年賀欠礼状)について

喪中となる近親者はどこまで?

一般的には、一親等と呼ばれる父母・子そして配偶者が対象となります。
また、生計を共にしている二親等(祖父母・兄弟姉妹・孫)が亡くなった場合も対象となります。
しかし、その家々や地方によって慣習が異なりますので、それぞれの慣習に従ってください。

喪中はがきを出す時期は?

喪中はがきは近親者に1年以内に不幸があり年賀状の交換を辞退することを伝えるものなので
相手の方が年賀状を書き始める前に届くように用意することが望ましいです。
時期的には、11月の中旬から12月の初旬には届くように準備しましょう。

喪中はがきは誰に出したらいいの?

喪中はがきは例年年賀状のやりとりをしている方にお送りします。
また、葬儀に会葬してくださった方や弔問にきてくださった方にもお送りするとよいでしょう。
先方も喪中で先に喪中はがきをいただいた場合でも、こちらからもお送りするのが礼儀です。

もしも年賀状が届いてしまったら・・・

喪中はがきの出し忘れや、喪中はがきが届くよりも前に年賀状が投函されてしまっていた場合は
松の内が過ぎてから寒中見舞いをお送りします。
松の内とは、関東では7日、関西では15日までの期間をさします。
中信地区は関東に入りますので、7日以降にはがきを出します。
松の内を過ぎてから立春までの間に寒中見舞いでご挨拶をしてください。
また、年明けすぐにご挨拶をしたい場合は、年始状をお送りすることもできます。
年始状は年賀状と同様、元旦から7日までの間にお送りするものです。
おめでとう等、お祝いの言葉を使わない挨拶状なので、災害などで被災された方々にも
お送りすることができます。

もしも相手の方から年賀状を出してしまったと連絡を頂いた場合は、喪中のお知らせが遅くなって
しまった旨をお詫びし、いつもどおりに受け取らせていただきますと伝えてください。

亡くなられた方に年賀状が届いたら・・・

ご家族に年賀状が届いたときと同様、寒中見舞いをお送りします。
その際、文面には

  • 年賀状のお礼
  • 本人が他界したこと
  • お知らせが遅くなってしまったことへのお詫び
  • 故人とのおつきあいへのお礼
  • 相手の体調を気遣ったことばを入れるようにしましょう

喪中はがき・寒中見舞いを書く際の注意点

  • 縦書き
  • 句読点はいれない
  • 「拝啓」「敬具」などの頭語や結語は使わない
  • 行頭の文字の一字下げはしない

スタッフから一言

喪中はがき・年始状・寒中見舞い。それぞれをうまく利用して、相手の方に失礼のないように
そして今後もお付き合いが続いていきますことを願っております。
知っていたようで知らなかったこともあると思います。
忘れてしまったら・・・またこのページに戻ってきて見ていただけたら幸いです。