心の健康を保つために

心の健康を保つために

隔離や自宅待機によって行動が制限されている方々へ

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、予想だにしない状況に追い込まれている方々が多数おられると思います
そのような方々の不安や戸惑いに少しでもお役にたてたらと思い、この情報をお届けします

これらは普通の症状です

  • 自分の体調や仕事、将来について不安になります
    突然の休業や体調不良、これから先どうなるのだろうと不安になりますよね
  • 起こりうる最悪な事態を考え、現実離れしたことを考えたり、落ち着きがなくなったり、恐怖心が強まったりします
    もしも会社が倒産したら、もしも自分が感染して命を落としたら・・・等、どうしても悪い方へと考えが向いてしまいます
    そして、それに対して、恐怖を覚えたり、何をしたらよいかわからず、アタフタしてしまいます
  • 自由が制限されることにより、怒りや不安を覚えます
    自由に行動できない、外出もままならない、カタオケもダメ!飲みに行くのもダメ!
    パチンコもボーリングも・・・
    いったいどうしたらいいんだぁ!!と叫びたくなりますよね
  • 自分自身の今までの行動が、潜在的な感染の原因になってしまっているかもしれない、と自分を責めたりします
    もしも自分が感染していて、無症状だったとしたら・・・もしかしたら誰かに移しているかもしれない
    自分が感染源になっているかもしれない と不安になり、自分を責めたくなったりします
    検査もままならない中、そういう感情にとらわれている人、きっとたくさんいますよね
  • 周囲の人が感染していたら・・・と心配になります
    自分の近くに感染者がいたら・・・と周りの人すべてが怪しくみえてきてしまったりします
  • 周りの人との交流が制限されるため、孤独や寂しさを感じます
    自宅待機・・・
    家で、一人で、何をしたらいいんだろう
    皆はいったい何をしているんだろう・・・寂しいですよね
  • イライラしたり、怒りっぽくなったりします
    なんで自分がこんな目に・・・
    自分は何も悪くないのに・・・
    この怒りはどこに向けたらいいのでしょう!?

心を健康に保つためにできること

  • 自分自身の体調を客観的に落ち着いて観察しましょう
    熱はある?味覚や嗅覚は?体はだるくない?
    いつもと違う感覚があったら、医療機関や保健所に相談しましょう
  • 通常の睡眠・起床のペースを崩さないように注意しましょう
    ついつい夜更かしして朝寝坊しがち・・・
    ペースを崩すと元にもどすのが大変です
  • しっかり食事をとり、できるだけ運動するように心がけましょう
    動いていないからお腹が減らないし・・・
    家の中でストレッチしたり、人と接しないように散歩やジョギングをしたりして体を動かしましょう
  • 自分自身と対話する時間を持ちましょう
    今、自分に必要なことはなんですか?
    今、自分に何ができますか?
    今できること、これからのこと、色々考えてみましょう
  • 限られた中でも、楽しくリラックスできるよう心がけましょう
    絵を描いたり、本を読んだり、音楽を聴いたり、ストレッチやヨガなどリラックスできる運動も良いと思います

    家にこもっていると気分が滅入りがち・・・
    こんな時だから、ゆっくりのんびり趣味や特技を磨いてみたらいかがでしょう
  • 普段できないことにもチャレンジしましょう
    書き物、ゲーム、クロスワードパズル、数独パズル・・・
    自分でゲームを考案してみるのも良いでしょう

    普段は時間に追われていてなかなかできないことありますよね
    この時とばかり、チャレンジしましょう
  • 家族や友人とのつながりをキープするよう心がけましょう
    たとえ会えなくても、SNSやLINE、ビデオや音声通話をしたりすると良いでしょう

    帰省ができない、友達と遊べない
    でも、つながっていられることはできますよね
    今は便利な時代です
    いつもは使っていなくてもテレビ電話等、使用してみたらどうですか?
  • ユーモアのセンスを持ちましょう
    ユーモアは無気力感に対して強力な対抗手段になります
    小声で少し笑うだけでも不安感やイライラ感を和らげることができます
    笑顔になれるような題材をみつけましょう

    暗いニュースが続く中、何か笑える題材をみつけましょう
    コントや漫才、落語etc
    ユーチューブやDVDで生活の中に笑いを見つけてみましょう
  • 希望を持ち続けましょう
    何か信じられるものを見つけるのも良いでしょう

    気持ちが滅入ってしまうと、前向きな気分になれませんよね
    それでも何か未来に向けて、光となるものをみつけましょう
    あの先に光がある、この状態から抜け出せる、と思うと気持ちがラクになります

心を健康に保つために~避けたほうがいいこと~

  • 最悪の事態を考え続けることはやめましょう
    もしも経営不振で解雇されてしまったら、もしも会社が倒産したら、
    もしも身内や自分が感染症で亡くなってしまったら・・・
    考えだしたらキリがありません
    もしもの時のことを考えるより前向きに未来のことを考えましょう
  • 一日中、寝ていてはいけません
    睡眠の質が下がり、体内時計が狂ってしまいます

    やることがないから、一日布団の中でゴロゴロウトウト
    ソレダメ!!×!!です
    いつも通りの生活スタイルを心掛けましょう
  • 感染症に関するニュースや情報ばかりを収集するのはやめましょう
    情報量が多くなると、必要以上に不安感や心労を引き起こします

    ニュースや報道番組をつい見たくなりますが、必要以上の情報はかえってよくありません
    正しい情報ばかりではないので、かえって混乱を招いたり、不安になったりしてしまいます
  • 感情を隠したり抑え込んだりしないようにしましょう
    周りの人に話をしたりして、感情の共有ができるように心がけましょう

    1人で塞ぎこまないでください
    あなたの周りにはたくさんの味方がいるはずです
    不安や戸惑いは周りの人も同じように持っています
    同じ境遇の人や、同じ悩みを持っている人とコンタクトをとって気持ちを吐き出しましょう




隔離や自宅待機で行動の制限がされていらっしゃる皆様
つらい日々を過ごされていると思います
私たちは、皆様方に手を差し伸べることはできません
けれども情報を発信して、心の持ち方を手助けすることはできます
このメッセージを見て、少しでも「ああ、そうか」とか「やってみようかな」とか思っていただけたら嬉しいです
おそらく、先は長いと思われます
いつ、私たちにも同じ状況が訪れるかもわかりません
でも、必ずこのウイルスに打ち勝つ日は来ると信じて、日々過ごしていきましょう
医療関係の皆様や研究機関の皆様に感謝しつつ、私たちも頑張っていきましょう



参考) 日本赤十字 http://www.jrc.or.jp/activity/saigai/news/200327_006138.html